FC2ブログ

2011.06.23     カテゴリ:  地域写真情報 

   ピクチャ-研究(野村家編)

IMG_7557.jpg
 (1200石-野村伝兵衛信貞家・加賀藩中級武士)
加賀藩初期の功労で800石→1200石随時昇進、その後・各種奉行職歴任
 *
 *
今回は2編に分けてピクチャ-を修正した絵柄を中心に・・!(^^)!
 此処も過去に旧クルル・ブログでUPしましたし、昨年6月に一部
 伝承武具や古美術品等を御紹介しましたので、今回は”加賀美彩”
 に補正した色味を見ていただきます・・(-_-;)

▼04の上段の間-説明文内容〈一部抜粋〉
”金に糸目をつけない総檜作りの格天井の上段の間は紫檀、
黒檀を使った緻密な細工作りであり、格式を重んじたものか
なんと信じられないように水板が六尺に及ぶ桐板作りである。
金剛師の手による黒柿材の透かし彫りの釘隠し・・・(云々)

  〈中間説明・省略〉

・・・襖は狩野派の最高峰である法眼位・佐々木泉景筆による
雄渾なる山水絵、地袋の遊亀の図は斯界から代表作として高く
評価されている。
加賀藩のお抱え絵師、加賀法眼と称された泉景が揮毫した経過
は定かではないが貴重なる文化財である。”・・・(以上)
 *
 *
☆01・・2010/06撮影-UP済み【2009年-ミシュランの観光地格付けにて2つ星】
~米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌
日本庭園ランキングで第3位に選ばれ海外でも評価が高い。~
_MG_2068.jpg

☆02・・藩政中期・オランダのギャマン硝子に焦点を当て硝子のゆがみで時代経過を表現 【2011/06撮影】
IMG_7431.jpg

☆03・・謁見の間から上段の間を見る【2010/06撮影-UP済み・ピクチャ修正】
~奥の掛け軸は3代藩主・利常公自筆~
_MG_2089.jpg

☆04・・上殿の間【2010/06撮影-UP済み・ピクチャ-修正】
_MG_2080.jpg

☆05・・悠然と泳ぐ大鯉と戸室の赤玉に焦点を当てて・・【2011/06撮影】
~庭石は古来から日本三銘石として佐渡の赤玉石(新潟県佐渡島)
神戸の本御影石(兵庫県神戸市)鳥取の佐治川石(鳥取県)が有名
 この赤石は市内奥地の戸室山の産出で庭石としては佐渡に次ぐ銘石で高価です~
_MG_2135.jpg

☆06・・佐々木泉景筆の襖絵-部分図(天保14年-1843年作)【2011/06撮影】
~文化財保護の為、襖にはすべて硝子で保護されています~
IMG_7427.jpg
 ***






 








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

yosimasa07

Author:yosimasa07
加賀・金沢から主として写真・パソコンの
話題をUPしていきます・・!(^^)!
よろしくお願いします

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード