全13ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.11     カテゴリ:  地域写真情報 

   加賀一向一揆、最後の城塞・・

_MG_3060.jpg
 《国(一揆)敗れて、山河あり!・・》鳥越城・大手門と棚木列周辺
   07-06/2011 撮影
    *
    *
 7月6日初夏の息吹に誘われ鳥越城周辺を散策してきました。
加賀は”百姓の持ちたる国”として守護・富樫政親を滅ぼした長享二年(1488)
以後、本願寺門徒により約100年間自治体制が続いた国です。

 此処は標高312mの丘陵上を利用して築かれ大日川を挟んだ対岸には、同じく国指定史跡
の二曲(ふとげ)城跡があります。一向一揆は本願寺十一世顕如の指導の下、織田信長と
の宗教宗徒との十年に及ぶ、伊勢・紀伊・越中・越前・加賀における騒乱ですが・・・

 一揆の最後は此処、鳥越城で天正8年(1580年)に織田方の柴田勝家軍によって落城し、
鈴木出羽守一族は滅ぼされました。その後も白山麓門徒の抵抗は続き、攻防戦が展開され
天正十年(1582)二月、370有余名の獄門・磔でその抵抗の幕引きとなります。
現在はその遺跡も一部復元・発掘され、加賀一向一揆五百年記念碑「一揆敗れて山河あり」
殉教の精神を讃仰し、そのエネルギーを継承した記念碑があります。
 山麓には”白山市立鳥越一向一揆歴史館”があり各種資料等が閲覧可能です。
  *
  *
☆01・・復元された桝形門と石垣群、天守門周辺
_MG_3052.jpg

☆02・・山道から見た大手門周辺
_MG_1298.jpg

☆03・・中の丸周辺。本丸と二の丸の間の曲輪を中の丸と呼びます。
_MG_1305.jpg

☆04・・本丸内部現状 掘立柱建物跡と礎石建物跡の遺構。
_MG_1287.jpg

☆05・・土塁から見た中の丸門周辺
MG-1355.jpg
 ***








スポンサーサイト

2011.07.01     カテゴリ:  地域写真情報 

   求心?・・安穏!♪

IMG_2107.jpg
 《付録》明治30年発行-金沢名所絵図の内・大乗寺門前の図(市立玉川図書館蔵)
   撮影UP許可済み 
    *
    *
 撮影:06-24/2011
 旧クルル・ブログに過去UPしましたので今回は略しますが・・
700有余年の歴史を持つ曹洞宗の古刹で修行道場として近年は外人僧の方
も多く滞在されています。御興味のある方は、下部URLで!・・
 http://www.daijoji.or.jp/
    *
    *
☆01・・赤門(国・重要保存建築物)と六色仏旗
_MG_1177.jpg

☆02・・
_MG_1098.jpg

☆03・・慈母観音像(江戸初期作)硝子の反射光を利用して!
_MG_1228.jpg

☆04・・山門前の石仏から♪
_MG_1165.jpg
 ***

2011.06.28     カテゴリ:  地域写真情報 

   早熟なお嬢様・・・?!

撮影期日:06-26 2011その他
撮影地:市内-大聖寺 金沢城-新丸広場
機材:EOS-5Dマ-クⅡ シグマ50ミリ単・タムA09
 *
 *
☆01・・ウフッ! 青春謳歌中ヨ?!♪
IMG_3123.jpg

☆02・・ウフッ! どうかしら?晴れ姿?!♪
IMG_7700.jpg

☆03・・ウフッ! 足元からとはイヤな方?!♪
IMG_7704.jpg

☆04・・ウフッフ! ワタシも見てくださらない?!♪
IMG_3117.jpg

☆05・・ウフッフ! ワタクシも此処にイルワヨ!!♪
IMG_8123.jpg
 *
☆06・・マァ・・彼方達! 咲くのが少し早くないかしら??
_MG_0649.jpg
 ***

2011.06.25     カテゴリ:  地域写真情報 

   ピクチャ-研究(加賀彩華編)

IMG_8279.jpg
(イメ-ジ図)江戸後期の東新地-現・東山お茶屋街、過去UP済み 《慶応2年・加賀風土記図》
   *
   *
今回は町屋の囲炉裏と加賀友禅の展示を絡めて・・初夏の華行燈の光で
”加賀彩華?!”の風情を感じていただければ幸いです・・(-_-;)
 
▼・ピクチャ-は自己作成に修正
  撮影は2011年6月東山お茶屋街の町屋休憩所【観光ボランティアガイド常駐】

▼加賀友禅は京友禅と並ぶ当地の江戸中期以降での特産品。京友禅は古風な有職模様や
 琳派模様など高度に様式化された文様を得意とするが、加賀友禅は有名な「虫喰い」
 等に代表される写実的な表現で絵画調の自然や古典をモチーフにしている。
  詳しくは下記のURLを参照下さい【石川県・公式HPから添付】
 http://shofu.pref.ishikawa.jp/shofu/yuuzen/jap.htm (加賀友禅編)
   *
   *
☆01・・加賀高障子窓の天然光と絡めて・・♪
_MG_3637.jpg

☆02・・
_MG_3632.jpg

☆03・・淡く優雅に、独自の色表現を求めて??(-_-;)
_MG_3625.jpg

☆04・・
_MG_3631.jpg
 *
 *
☆05・・【付録】江戸後期の加賀の街・正月にぎわい絵図。芝居小屋と料理小屋周辺
~慶応2年発行の加賀風土記図から転載(市内・玉川図書館蔵-撮影・UP許可済み)
 右側は現在の寺町台地、奥に医王山の山並み

 この時代は翌年の明治元年(1868年)を迎え激動の時代です。加賀藩でも藩政は両極端の藩論
が起こり明治忠臣蔵(本多首座家老暗殺事件)や勤王派の生胴処刑事件・時の若き藩主の謹慎
等がありますがそれは又御紹介するとして・・一般民衆は正月を迎え芝居見物にひたっている様
がうかがえます。絵図の傷みが惜しまれる。現・川除町、犀川周辺の様子~
《左下、鎮守の社横に防災用の川水を引き込んだ小型の防火堀が見える。当時金沢の町は
 失火や雪雷からの火災が多く発生。その用心の心がまえが垣間見れ、興味深い・・》
IMG_8282.jpg
 ***




  

2011.06.23     カテゴリ:  地域写真情報 

   ピクチャ-研究(野村家編)

IMG_7557.jpg
 (1200石-野村伝兵衛信貞家・加賀藩中級武士)
加賀藩初期の功労で800石→1200石随時昇進、その後・各種奉行職歴任
 *
 *
今回は2編に分けてピクチャ-を修正した絵柄を中心に・・!(^^)!
 此処も過去に旧クルル・ブログでUPしましたし、昨年6月に一部
 伝承武具や古美術品等を御紹介しましたので、今回は”加賀美彩”
 に補正した色味を見ていただきます・・(-_-;)

▼04の上段の間-説明文内容〈一部抜粋〉
”金に糸目をつけない総檜作りの格天井の上段の間は紫檀、
黒檀を使った緻密な細工作りであり、格式を重んじたものか
なんと信じられないように水板が六尺に及ぶ桐板作りである。
金剛師の手による黒柿材の透かし彫りの釘隠し・・・(云々)

  〈中間説明・省略〉

・・・襖は狩野派の最高峰である法眼位・佐々木泉景筆による
雄渾なる山水絵、地袋の遊亀の図は斯界から代表作として高く
評価されている。
加賀藩のお抱え絵師、加賀法眼と称された泉景が揮毫した経過
は定かではないが貴重なる文化財である。”・・・(以上)
 *
 *
☆01・・2010/06撮影-UP済み【2009年-ミシュランの観光地格付けにて2つ星】
~米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌
日本庭園ランキングで第3位に選ばれ海外でも評価が高い。~
_MG_2068.jpg

☆02・・藩政中期・オランダのギャマン硝子に焦点を当て硝子のゆがみで時代経過を表現 【2011/06撮影】
IMG_7431.jpg

☆03・・謁見の間から上段の間を見る【2010/06撮影-UP済み・ピクチャ修正】
~奥の掛け軸は3代藩主・利常公自筆~
_MG_2089.jpg

☆04・・上殿の間【2010/06撮影-UP済み・ピクチャ-修正】
_MG_2080.jpg

☆05・・悠然と泳ぐ大鯉と戸室の赤玉に焦点を当てて・・【2011/06撮影】
~庭石は古来から日本三銘石として佐渡の赤玉石(新潟県佐渡島)
神戸の本御影石(兵庫県神戸市)鳥取の佐治川石(鳥取県)が有名
 この赤石は市内奥地の戸室山の産出で庭石としては佐渡に次ぐ銘石で高価です~
_MG_2135.jpg

☆06・・佐々木泉景筆の襖絵-部分図(天保14年-1843年作)【2011/06撮影】
~文化財保護の為、襖にはすべて硝子で保護されています~
IMG_7427.jpg
 ***






 


プロフィール

yosimasa07

Author:yosimasa07
加賀・金沢から主として写真・パソコンの
話題をUPしていきます・・!(^^)!
よろしくお願いします

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。